生活習慣病外来のご案内
生活習慣病とは?
糖尿病、高血圧症、高脂血症などの病気は、これまで「成人病」と呼ばれていましたが、近年の生活習慣の変化により、成人だけの病気ではなくなりました。 こうした病気の発症や進行には、食生活・運動習慣・喫煙・飲酒などの生活習慣が深く関わっていることが明らかになり「生活習慣病」という呼び名に変わりました。

生活習慣病を放っておくと…
生活習慣病(糖尿病、高血圧症、高脂血症、脂肪肝、肥満症など)は、“痛み”などの自覚症状は出ないことが多く、その結果、適切な指導や治療を受けずに、そのまま放置してしまうことがあります。このような状態が続くと、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患、脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患、さらに腎不全や悪性腫瘍(癌)など、生命の危機に瀕する病気や後遺症が残る病気、様々な合併症を引き起こす可能性が高くなります。

生活習慣病外来とは
現在、治療を受けておらず、血圧が高めと言われた方、血糖、コレステロール、中性脂肪が高いと言われた方、メタボリックシンドロームと言われた方などが対象です。病気の発症と関連が深い日常生活習慣中の危険因子を発見し改善することや適切な内服治療を行い、病気の発症や重症化を予防することを目的とした外来です。

ご予約・お問い合わせ
九州大学病院総合診療科
電話 092-642-5910